大規模修繕を横浜の施工会社に依頼して

経年劣化を遅らせ、資産価値を上げる

今回利用した横浜の施工会社では外壁塗装をお願いしました。
外壁が綺麗になると資産価値が上がりますし、経年劣化を遅らせることができるそうです。
マイホームでも外壁塗装は最も優先順位の高いリフォームと言われていますが、マンションの場合もまったく変わりないようです。
塗装をしばらく行わないと外壁が傷んできて、ひび割れのリスクが高くなってきます。
すると雨漏りの原因にもなるので、塗装は最優先だと言われました。
実際に塗装が完了すると驚くほど外観が綺麗になって、これは入居率が上がると考えましたね。
ほかには給排水管のメンテナンスを行ってもらいました。
メンテナンスは建物を維持するために大切だそうで、サボってしまうと確実に劣化してくるとのことです。
それまでは給排水管は老朽化や不具合が発生してから修理の目的でするものだと考えていたのですが、実際は現状を維持する目的が大きいようです。
常に住みやすい状態に整えておけば安心ですし、入居者も確保できるでしょう。
あまりに状態が悪くなってくると、入居率が低下してくる現実があると聞きました。
住むならよい物件と考えるのは誰でも同じでしょうから、ここは大切なポイントですね。

大規模修繕工事の施工会社を選ぶ基準経年劣化を遅らせ、資産価値を上げるトラブルが発生してからの対処では遅い!!